フリーランスになるにあたって考えた国民健康保険についてのさらにつづき

こんにちは
本日も台東区からタイ古式マッサージとか労働社会保険諸法令を何かお届けします。
セラピスト兼社労士有精卵のまつざわしんぺいです。

前回は脱サラした年度から、しばらくの間の国民健康保険料をどうやって下げるかということで、定額タイプの国民健康保険組合にどうにかして入りたくて、模索をしてましたというところまでした。
というわけで、まずは国民健康保険組合ってどんな職業のものがあるのかなということで、探してみました。
国民健康保険組合は都道府県知事認可なので、都道府県単位で業種ごとに設置されるような感じです。
組合によっては自分の居住している都道府県に隣接しているエリアもカバーしているみたいですが、自分の住んでいる都道府県に組合がないと加入は厳しいかも位に考えたほうがいいと思います。
割と多いのが医師、歯科医師、薬剤師なんかの医療系国民健康保険組合です。特に医師の組合なんかは都道府県単位で存在している感じです。加入要件的に無理なので残念ながら除外です。
その他士業だと税理士と弁護士、一般業だと飲食店向け、公衆浴場向け、自転車業なんかがあったり、芸能人向けの組合なんかもあったりします。残念ながらどれも当てはまらずなので除外です。
厳密には芸能人組合は職能要件もあるんですが、組合員の紹介が必要だったり、保険料の計算方法が所得によって変化するタイプなので、その辺も除外要件でした。
東京都は他の道府県に比べて、かなり組合数が多い方だと思います。
ちなみに、国民健康保険組合自体、実は戦前~戦中にかけては約1万組合あったそうで、被保険者も4100万人くらい居たそうなので戦中までは自営業者が多かったなんてのも伺われます。
戦後の混乱期で、組合自体の事業継続がままならなくなるという自体が続発して、終戦直後で6割が消滅、現在では数えるくらいの組合数になってしまったそうなんです。
終戦以降、自営よりも被用者のほうが格段に増えたんでしょうね。
ちなみにこのネタは平成18年の社労士試験の出題範囲でもあります。
そんな数えるくらいしか組合がないですが、自分の前歴なんかを加味していけそうな組合となると、おそらくデザイン関連の組合になるんじゃないか、ということでピックアップしたのが文芸美術と東京技芸でした。

と、そんなところでまた長くなりそうなのでこの辺で続きます。
本日まだ夜の時間帯空きがございます。ご予約お待ちしております!

新しいクーポンをHOTPEPPER Beautyに掲載しました。 40分 2300円 初回限定コース と結構好評みたいなのが「 16時まで入店でタイ古式だいたい2時間くらいが7400円」のサービスメニューです。 土日祝日も使えますよ~

労働社会保険の相談関連はいまのところ30分3000円で承ります。問い合わせフォームからもしくはお電話でご連絡くださいませ。

Thai Style & Herbal Therapy Place… 
東京都台東区元浅草のタイ古式マッサージ・マタニティセラピーサロンです
10:30-22:00 不定休
東京都台東区寿4-6-5佐藤ビル1F
蔵前・田原町・浅草・TX浅草各駅からそれぞれ徒歩3~6分程度です。
TEL:050-8880-5005
mail:nuaya@nuaya.com
https://www.nuaya.com
facebook:http://facebook.com/salon.place

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です